So-net無料ブログ作成

日本イベント大賞 松山「俳句甲子園」に(毎日新聞)

 社団法人日本イベント産業振興協会(東京都)は9日、第5回日本イベント大賞に「市制施行120周年記念 第12回松山『俳句甲子園』全国高等学校俳句選手権大会」(主催・NPO法人俳句甲子園実行委員会)を選んだと発表した。正岡子規や高浜虚子ら多くの俳人を輩出し、小説「坊っちゃん」の舞台となるなどした文学的土壌を生かし、市内の商店街を舞台に、市民を巻き込みながら審査する地域密着型の一面と、予選会を通じて全国に活動を広げた波及力を評価。「俳句で戦うという新しさと質の高さが光るイベント」と絶賛し、大賞に選出した。大賞には08年9月から09年9月に行われた全国のイベントのうち150作品の応募があった。

【関連ニュース】
2009年10−11月号
シオーモの小径:塩釜にまつわる文章や歌をちりばめ 文学碑設置、新名所に /宮城
三津浜資料館:森家住宅に 明治期に句会盛ん、子規や碧梧桐ゆかりの品も /愛媛
三十九館目 松山市立子規記念博物館/4止 /四国
三十九館目 松山市立子規記念博物館/3 /四国

証人として被害者2人出廷へ 秋葉原無差別殺傷 第4回公判(産経新聞)
<公然わいせつ>容疑の税務署員逮捕 福岡(毎日新聞)
<アカデミー賞>「ザ・コーヴ」波紋 和歌山イルカ漁映画(毎日新聞)
芭蕉の句は「氷の僧」か「こもりの僧」か (産経新聞)
ニコン、「Wiiの間」とYouTubeで動画コンテンツ配信

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。